breezyIsland
いつでも送料無料
喜ばれる笑顔が見たい♪
ハワイアンジュエリー&アクセサリーのセレクトショップ



人気キーワードで探す ゴールド 男性向け ピンキーリング

RSS
 

ハワイアンファブリックの特徴

ハワイアンファブリックについて


ハワイアンファブリックとは現地ハワイで生産されたプリント生地のことをいい、アロハシャツやフラのパウスカートやドレス、その他インアテリアファブリックなど様々な用途によく使われています。素材はコットン、コットン・ポリエステル混紡、レーヨンなどが一般的な素材です。

プリントの柄は島々の自然な風景や花、植物、ヤシの木、動物などがデザインとして使われ、トロピカルなイメージとしてハワイアンファブリックは日本国内でも多く流通しています。

カラーごとに塗り重ねられた顔料プリントは、張り感があり、そしてプリントに触れてみると、ザラついた何ともいえない手作り感が楽しめるのも特徴です。

ハワイアンファブリックはハワイ現地で様々な新しい柄がデザインされ、次々と作り出されていますが、生産ヤード数が限られていて、一旦生産が終了いたしますと再生産されることはまれで、入手が困難となってしまいます。

気に入った柄が見つかったらお早めにチェックをお勧めします。



ハワイアントートバッグ
ハワイアントートバッグへ >>



ハワイアンファブリック製品について


◆ハワイアンファブリックグッズは国内の信頼おける工場にて生産されてます。  
輸入されたハワイアンファブリックを国内にて 裏地加工(PVCラミネート)を施し、デザイン、型紙、裁断、縫製 の順で仕上げられていきます。

◆裏地にラミネート加工を施しますと、生地全体に張りが出て、小じわも寄らず、雨などの水滴はバッグの裏側まで滲みない特徴があります。

◆プリントの柄取りには神経を使い、出来るだけきれいに見せられるように裁断を心がけておりますが、写真と異なる場合があります。柄の位置が違う場合がありますことをご了承ください。

◆到着後、一週間以内で縫製不良などによるものがみつかった場合は、お気軽にお申し出ください。交換、返品、修理のいづれかの対応で保障いたします。



ハワイアンショルダーバック
ハワイアンショルダーバッグへ >>



ハワイアンプリント製品についての取り扱い


ハワイアンファブリックバッグや小物類、チョットした心配りで長く使えるものです。
長く使っていただくために製品の取り扱いを以下の通りご紹介します。

お手入れ方法
 
ホコリなどの軽い汚れは、乾いた布や柔らかいブラシなどで汚れを落としてください。
プリント柄にコーヒーなどの汚れが付着してしまった場合は、水を軽く絞った布で上から叩くように部分洗いで落としてください。 それでも取れないしつこい汚れの場合は中性洗剤をつけて同じような方法で落としてください。
洗濯機を使用することはなるべくお避けください。
直接、プリントを擦ったり、引っかいたりする洗い方はプリントを傷つける場合がありますので十分にご注意ください。
また、ベンジンやシンナーなどは絶対に使用しないでください。
乾燥は風通しの良い場所で日陰で平乾しにしてください。 
 
使用上の注意
 
雨などに濡れてしまった場合は、すばやく乾いた布で叩くようにして水分を取り除いて風通しの良い場所で形を整えて干してください。 また、濡れたまま他のものと一緒にすると移染する恐れがありますのでご注意ください。

ハワイアンプリントは色落ちする恐れがありますので、長い間、他のものと保管する場合は通気性の良い柔らかい布などで包むようにするか、密着しないように保管してください。

顔料プリントは熱に弱く、変色することがあるので、熱には十分にご注意ください。
また、プリントは陽の当たらないところで保管してください。




ハワイアンペンシルケース
ハワイアンファブリック雑貨へ >>

ハワイアン生地のPVC加工について


ハワイアン生地の加工前と加工後を写真でわかりやすくご紹介いたします。

柄は違いますが、生地サンプルは同じサイズで裁断して比較しました。
ハワイアンファブリックはハワイ現地で生産されたものを直輸入し、国内の業者でPVC加工をしました。

<PVC加工の特徴>

・ 生地が厚くなり、しっかりとした風合いとなる。
・ 小じわなどが寄りにくい。
・ 表側や裏側から水が浸透しない。


ハワイ生地PVC加工の特徴 
 ---生地が厚くなり、しっかりと---

ハワイ生地の裏側には0.2〜0.3mmのPVCフィルムを張り合わせてますので、 生地に厚みが出て、ご覧の通りボリューム感が違います。

左側のネイビーの生地→PVC加工済み
右側のベージュの生地→加工前

写真でも張り感がわかりますよね。
ハワイアンファブリック
いろいろなかたちにして・・・ PVC加工しないと右側の生地がふにゃふにゃなのがわかります。
ハワイアンファブリック




ハワイ生地PVC加工の特徴 
---小じわが寄りにくい---

PVC加工後の生地です。 アイロンもプレスもしてません。

小じわが寄らず、きれいに柄を見せることが出来ます。
(わかりにくければ画面をクリックして拡大してみてください!)

小じわも寄らず、 携帯電話を乗せても自立できるくらいしっかりとしてます。

ハワイアンファブリック




ハワイ生地PVC加工の特徴 
 ---水が浸透しない---

生地の裏側から水を落としてみました。PVCなので水は通しません。
突然の雨などでもバッグの中までは滲みませんので安心ですね。

ハワイアンファブリック